世界をめぐる書物

大層な響きのタイトルで書き始めましたが、これは本という物の買取についてのお話です。
あらゆるジャンルの物が、今、新品と中古品という形でめまぐるしく世界を移動しています。
新品として購入された物が中古品として買取店に持ち込まれ、今度は中古品として買われていって、さらにその品が別の買取店に持って行かれて……というふうに、エンドレスでめぐっている状況があるのです。
本という物も、もちろんその中に含まれていて、新品の本を売るブックストアがある一方で、古本を扱う店も存在しています。

昔ながらの古書店や、チェーン展開している古本屋では、買取サービスをそれぞれに行っています。
ここでは、そのことについて触れていきます。読んでしまった物、書棚に永遠に置いておきたいというほどには感動しなかった物。あるいは引越しなどを機会に大量処分を考えている物。
また、最近では特にチェーン展開しているお店で多いのですが、本以外の品物を受け付けているところもあります。
そのあたりのことも、やはりここではカバーしてゆくべきでしょう。

それこそ、チェーン展開している或る大手の店では、店内アナウンスで買取について広く呼びかけを行っています。
書棚に眠っている本は、誰かの手で再びめくられるべきではないでしょうか?と。それが、書物というものにとっては幸せなのではないでしょうか、と。

イチ押しリンク

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし